医療事故や失敗のリスク

ボディ

優良なクリニック選び

美しくなるための美容医療は様々な手術や施術が考案され、仙台の美容外科においても豊富な施術メニューが用意されています。外科手術だけでなく、美容皮膚科の領域での施術も行っているのが一般的です。仙台で美容医療のニーズが高まると同時に増加傾向にあるのが、生活センターなどが受ける消費者からの相談です。たとえ手軽な施術だとしても、医療にはリスクが伴うことは知っておいてください。もちろん美容外科の医師には施術内容や効果についてだけでなく、リスクについても説明責任があります。カウンセリングでメリットばかり説明するクリニックには、注意が必要です。リスクについても分かりやすく説明してもらい、費用と共に納得ができなければ契約は避けます。それから、美容医療は高額になりやすいので、一晩置いて考える時間を作るのも失敗を避けるための一つの方法です。また、生活センターなどに寄せられる相談で多い施術内容は、レーザー脱毛関連や包茎関連です。レーザー脱毛では火傷の可能性があり、まれに蕁麻疹が起きることもあります。一方、包茎手術では術後に痛みが生じたり、機能障害を起こしたりするリスクが挙げられます。こうしたリスクはもとより、何か起きたときの対応についても説明してもらってください。美容医療広告に関する医療法が大きく改正され、禁止される広告表現が増えました。元来、女性誌や週刊誌などに広告を掲載していた仙台の美容外科クリニックも、紙媒体による広告が厳しく規制されるようになったため、近年ではIT媒体による広告が中心となっています。仙台の美容外科クリニックを探すときは、ホームページや雑誌などの広告で医療法に反していないクリニックを選ぶことが大切です。第一に、他のクリニックと比較して優良であることを表現する言葉、「一番」や「最高」、「絶対」などは使えません。それから、「永久保証」と言う表現も禁止となっており、治療効果に関しても患者ごとに現れる効果が違うという理由で、表示できないことになっています。したがって、患者やモニターの体験談を掲載することも禁止です。掲載できる治療効果は、客観的な事実ということを証明できる効果か、もしくはエビデンスがある効果に限られます。ですから、基本的に術前、術後の写真を掲載することもできません。それに加えて、キャンペーン広告が禁止なので、キャンペーン価格の表示も禁止されています。安易な気持ちで手術を受けることを促すような、「プチ整形」といった表現も医療法に引っかかります。他にも多数の禁止事項があるので、しっかり確認してから広告を見てください。

Copyright© 2018 肌の悩みは仙台の美容外科で解決【アンチエイジング治療で解消】 All Rights Reserved.