目元の印象を大きく変える

ボディ

目元の美容整形の種類

宮城県内で美容整形を受けるという場合、多くの美容外科クリニックが集まっている仙台市をチェックするのがおすすめです。仙台市には地元密着型のクリニックや、全国展開している大手のクリニックなどが開院しており、自分に合ったクリニックを選びやすいという環境にあります。仙台市内の美容外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、中でも目元の美容整形は特に人気のようです。目元の美容整形を初めて受けるという場合は、なりたい目元のイメージをしっかり持って、それを医師に伝えるようにしましょう。例えば、二重のラインを作る二重形成術の場合は、二重のラインの幅が少し変わるだけでも目元の印象は、大きく変わります。二重の幅は1ミリ・2ミリというわずかな数字で、人に与える印象が変わってしまうので医師と十分話し合い、自分の顔立ちや理想に合った二重の幅を見つけることが大切です。また、二重形成術だけでなく目頭切開や目尻切開といった美容整形も、数ミリ単位で印象が大きく異なるため、必ずイメージを明確にしておきましょう。もし、話下手で医師に自分の希望を上手く伝えられるか心配・・という人は、シミュレーション画像をカウンセリングに取り入れているクリニックでの施術をおすすめします。画面上で施術を受けたらどのように変化するか、画像で分かるシミュレーションは言葉で上手く伝えられないという人も、医師とイメージを共有しやすいというメリットがあります。「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、人の顔の中でも特に目元は重要なパーツと言われています。パッと顔を見たときにその人の印象まで左右してしまうこともある目元、美容整形で理想の目元にしたいと考えている人も、多いのではないでしょうか。実際、仙台市にある美容外科クリニックでも特に目元の美容整形は人気で、多くの患者さんが施術を受けています。施術を希望する人が多い二重形成術の場合、仙台市の美容外科クリニックでは大きく分けて、埋没法と切開法という2つの方法があります。埋没法はメスを使わないプチ整形で、まぶたの皮膚を医療用の糸で固定して二重のラインを作るというものです。切開法には部分切開と全切開という2通りがあり、まぶたの皮膚をメスで切開して縫合することで、二重のラインを作ります。目元の美容整形といえば二重形成術をイメージする人が多いようですが、他にも目頭切開・目尻切開・涙袋形成といった方法もあります。目頭切開・目尻切開は文字通り、目頭や目尻部分を切って目の横幅を広げたり、目の印象を変えたりする美容整形です。涙袋形成は目の下にヒアルロン酸を注入して、ぷっくりとした膨らみを作るプチ整形で、施術を受けることで可愛らしい目元になります。このように目元だけでも施術法は豊富なので、なりたい目元に近づけるためにも自分に合った方法をチョイスしましょう。

Copyright© 2018 肌の悩みは仙台の美容外科で解決【アンチエイジング治療で解消】 All Rights Reserved.